串にも必ず焦げ目がついてるぐらいのもの

最近食べたみたらしが柔らかかったのです。どれくらい軟らかいかというと、月見団子ぐらい。歯にべったりとへばりつく柔らかさだ。ひとまず火によっているわけですから、火を通してない団子と同じじゃよくないと想うわけですよ。とはいっても、焼き様態はお会社のロジックがあるからね。買ったのがついつい瑞々しいお会社だったのかなと思ってトドメ対峙。そしたら二軒眼のお会社も、はじめ軒眼と同じぐらいの柔らかさ。うーんって考え込んでしまいました。けれども二軒続いて軟らかいということもパーセント系にないわけじゃないですからね。次は大丈夫だろうと思って違うお会社で買ってみたら、やはり軟らかい。三回貫くというこれは最近のがちなのかなとしてしまいました。今は食べ物一般柔らかくなっていますからね。肉も野菜も。けれども柔らかければよろしいってものじゃないというのです。自分の図る、理想のみたらし団子って、外側はかりっとしていて、噛むと少々張りがあるはなんですが、そういったみたらし団子は既に古臭いのかな。串にも必ず焦げ目がついてるぐらいのものがいいのですが、どこかにありませんかね? お会社で可愛らしく焼いてと言えばいいのかもしれませんね。みたらしのウェルダン下さいなんてね。ピンクな出会いならラインID掲示板がいい

コメントは受け付けていません。