栄養剤も呑むけれどメモリー綴って体長生き?

中高年には肝心な健康的なくらしは、こういう信念で検索してみたら毎日3行の日記を書くのが良いやり方だとありました。
健康面では厚労省の目安に沿って栄養バランスのいい夕食とか、適度に動作を通して筋力を継続というのが主流ですが。
3行の日記を綴りながら毎日の心をオーバー決めるというのも正論、事柄を進めようとして働けるのは内面が定まるからであり、人間の礎とか原点でいいこと言いますねという感じがする。商業ベースにのれば筋力維持するのに栄養剤が必須の時世だから、一般的なウンチクとしては具体的なもののほうが手緩いけれど。
サイトにあった3行日記は身体日記という方法、精神面での理由としては、本業や個人的な事柄ですごした毎日を記事で書きながら振り返れば、再イメージに関してでスッキリするらしい。その意味からすればえんぴつで書かなくてもサイトのインターネットブログは有効な方法、3行のお日様もあるし長文で書することもありますね。
しょうもないノートにその時の興奮などを書いてみるのもいいと聞いたこともあり、日記と言うと70や80歳のお日様記帳を思い起こすけれど、現代ならサイトのまろやかがお日様記帳。会話するのもよいですが表現にしない気持ちは自分なりの形成で一掃する、内面が身体、これが長生きのアプローチかな。http://www.rettmeeting.org/

コメントは受け付けていません。